私の洋服選びの失敗談

最終更新: 2019年4月3日



この間の私の失敗談を聞いてくださいな。 ちょっと履くときに骨盤がキツイなぁ〜と思いつつも無理やり頂き物のパンツを履いて出かけたんですよね。 形は凄く綺麗で脚長効果抜群のパンツなんだけど、電車で長いこと座ってたら、なんか骨盤が圧迫されてそわそわと落ち着かない。 花粉防止でマスクしてるのも手伝って、苦しさのあまり段々と気分も悪くなってきた…。締め付けてるので子宮までズキズキ。。。

なんとか人と会っているときは、意識がよそにいってるから気にならなかったものの、もう帰りは我慢できなくてボタン外して、ベルト締めて、コートで隠して帰りましたよ、とほほ... 泣

身体に悪い洋服選びはいくらかっこ良くても絶対だめです。アラフィフにもなると、肩ひじ張った無理なファッションが出来なくなって来るよな〜と最近、実感することですよ。

昔は、寒いのに素足でバレエシューズとか、サンダルとか履いてたんですけどね。冷えは万病のもとと知ってからは、足は温めるオシャレを実践していますよ。

身体に優しい服を選ぶこと。これが一番大事だと思うんですよね。 着心地が良いこと。素材もそうだし、形もね。 特に自分に合ってるサイズを選ぶことがスタイルの良さにも繋がります。


去年の流れから、オーバーサイズがトレンドだけど、考えて取り入れないと野暮ったいことになるので要注意です。ジャケットやコートなど、アウターはオーバーサイズOK! 肩パットが入ったダブルのジャケットとか、2019秋冬コレクションでも多く見られましたよ。最近、ファッショニスタ達が着始めましたよね。(着こなし方はまた別の記事でご紹介しますね)

私がオーバーサイズNGと思うのはワンピースやブラウスなどのインナーもの。特にワンピースはやっぱりジャストサイズが綺麗です。その上に、オーバーサイズのテロントしたトレンチコートやダブルのジャケット(今年は肩パット入ったダブル!!)を着た方が、バランス取れます。


なかなか、自分に合ったサイズが選べないという方は、しっかりサイズを分かってるショップスタッフなど、プロのアドバイザーにアドバイスをもらってくださいね。

試着をお忘れなく!!



Copyright © hitomi nozaki All Rights Reserved.